はキヤノン開始の新3DセミPro一眼レフのか?

の一眼レフな立つもニコン、キヤノンを思うとして多くの市場シェアしていきます。 キヤノンの最近では驚くのは、7D、作物の一眼レフのセンサーが多くの機能とほぼ同じレベルのオートフォーカスし、多くのモデルです。

この5D Mark II、トリッキースポットは、ありが美しいフルフレームセンサーの優れた動的な範囲で多くの苦情その外側の焦点になる仕事です。 現在、日本には見えいの有用しているように思える仕事をしてくれました。 しかし内容を理解することができ、ちたいという方には、FFセンサ、ならびにレベルの機能せずに大きな1Dます。

それではキヤノンするの? が噂されるという発3D具体的には、結婚式/セミプロの市場2010年初頭ます。 キヤノン鎖の噂が最近報告された以下のスペック

3Dスペック:
16.7mp FF
7.2µmピクセルピッチ
DIGIC V
小型マグネシウム合金の5D2

しかしまだありませんのニュースのAFはの特徴です。 指を渡ってすべての特徴から7DへのFFセンサーに報告され16mpいただくとしても最適です。 の心配ものの価格、これをピッチでの道の5DIIが生まれると考えられている間違いです。 ニコン圏に規範を癒してくれてリリースD800したセンサーに挑戦し5DIIでの全プロレベルに注目し、リモートflashトリガーを内蔵しています。

ぜひ足を運んでくださいにキヤノンで打ちっと目をくださいしないためにも、かかるグループの40Dすることはありません。

返信をキャンセルする

メールアドレスが公開されることはありません。 *が付いている欄は必須項目です *

4×四=

Visit Us On TwitterCheck Our Feed